口コミ

2017年12月16日

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 サントラ


【ストーリー】 
井伊家当主・井伊直盛(杉本哲太)と妻・千賀(財前直見)の間には後を継ぐ男子がいなかった。そこで一人娘・おとわ(新井美羽)と分家の嫡男・亀之丞(藤本哉汰)を婚約させ、亀之丞を次の当主にするつもりだった。ところが井伊家は、実質的には強大な今川義元(春風亭昇太)の支配下にあり、亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛士)は今川方に謀反を疑われて殺害されてしまう。亀之丞も命を狙われ逃亡し、以降行方知れずに。 直満の謀反を今川に告げて井伊家を窮地に陥れたのは、家老の小野政直(吹越満)とうわさされる。政直は自分の嫡男・鶴丸(小林颯)とおとわを婚約させようとするが、おとわは亀之丞とのある「約束」を守るため、誰とも結婚できないよう出家してしまう。こうしておとわは「次郎法師」として暮らすことになる。駿河の今川、甲斐の武田、三河の徳川と3つの大国が虎視眈々(たんたん)と領地をねらう中、資源も武力も乏しいこの土地で、頼るべきは己の知恵と勇気。直虎は、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守ってたくましく生き延び、その後の発展の礎を築いた。彼女の原動力となったのは、幼いころに約束を交わしたいいなずけへの一途な愛。愛を貫いて自らの運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描く。
 

 
【キャスト】
井伊直虎 - 柴咲コウ
井伊直盛 - 杉本哲太
祐椿尼 - 財前直見
井伊直親 - 三浦春馬
しの - 貫地谷しほり
井伊万千代 -菅田将暉
小野但馬守政次 - 高橋一生
瀬戸方久 -ムロツヨシ
傑山 - 市原隼人
龍雲丸 - 柳楽優弥
徳川家康 - 阿部サダヲ
瀬名 - 菜々緒

【サントラ】 
戦国時代に男の名で家督を継いだ井伊直虎(いいなおとら)を主人公にした、2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。愛を貫いて自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描く。音楽は、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」やNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」ほか数多くのドラマ・映画・アニメ・CMの音楽を手掛ける作曲家・音楽プロデューサーの菅野よう子が初めて大河ドラマを手がける。演奏陣には世界的アーティストが集結、テーマ音楽は今最も注目のパーヴォ・ヤルヴィ指揮 NHK交響楽団にスーパー・ピアニスト、ラン・ランが参加、さらに大河ドラマ紀行には日本を代表するヴァイオリン奏者・五嶋みどりを迎え、音楽面でもかつてないほどの超一流の布陣が実現した。菅野独自の多彩な音パレットから縦横無尽に繰り広げられる、疾走感に満ちた雄大なオーケスラ・サウンドから室内楽やピアノ・ソロ演奏まで幅広い音楽性で描き出す、絢爛豪華な音絵巻。

【楽曲】 
1. 天虎~虎の女 (TVサイズ)
2. 虎口
3. 始
4. あばれ
5. 井伊ドンキ
6. 弱き心
7. 女子にこそあれ
8. めでた目出たや(怒)
9. 竜宮小僧のうた
10. 亀の笛
11. 虎の夢
12. 跳ね虎
13. 脇差し
14. 月船
15. 浜名の風
16. 橘
17. 天虎~虎の威
18. 天虎~虎の子
19. 天虎~虎の女
20. 天虎~虎の尾
 
【口コミ】 
・これほど心を動かされた大河ドラマには、出逢ったことがなく…。柴咲コウが歌う「わたしが竜宮小僧だったとき」。ドラマが丁寧に描いて来た美しく小さな井伊谷の、あまりに過酷な、言語を絶する戦国の嵐に翻弄されるさま。そんな中雨の音に、茜雲に、稲穂の波の中を、青い月の下で…人のために尽くすべく駆けずり回る竜宮小僧の姿が見え隠れするような、しっとりと冴える歌声。泣かんでくらりょ…♪ と優しく歌われたら、逆に涙を禁じ得ません。ドラマにはいったいどのような結末が待っているのでしょうか。とわの泉となろう…と竜宮小僧の泉下の決意を耳にするたびに、心が震えます(;_;)。「井伊道」は、パーカッションと尺八が加わってアレンジされていますが小野但馬守政次が、折れた脚を引きずりながらも真っすぐな目をして処刑場に向かう場面で、印象的に使われていた曲です。でも、想いは決してあの悲劇には留まらずその後に決意と希望に満ちた「団」の力強いアレンジに続いてゆく…“途方もない夢”を紡ぎ、繋いでゆく直虎の、万千代の、井伊谷の人々一人ひとりの姿が浮かび上がってくるような音楽です。おとわが成長した山の松を甚兵衛に報告し家康が駿河を取った祝杯を、信康と瀬名に静かに捧げるとき亡き人が見守っているであろう空に、ケルトの笛の如く龍笛が大らかに響き渡る「途方もない夢」。片翼をもぎ取られるような苦しみと悲しみを乗り超えてきたからこそ、“断固として戦わない行き方”は決して「途方もない夢」ではなく“やってみねば、わからぬではないか!”と私たちは信じることができる…。

・この前のイチトラ、ニィトラと鶴のうたは、みんなそれぞれの鮮明なイメージを持っていますが、完結編となるこのサントラは、多分最後ということで、色々な感情を一気に入れなければならない、そんなような気がしました。おかげで曲を聴きながら様々な衝撃を受けていて、前とは違って複雑な体験を味わいました。そこで一番気になるのは最後の曲「操」、1分半ぐらいの短い曲なのに、「亀の笛」に加えてギターやストリングスだけで物凄く重い空気ができたのはとても不思議だと思っています。もしかしたら、こんなふうに菅野さんが直虎の物語の終末を解釈するってこと。そう考えたら、ますますこのアルバムの重さを感じました。流石、終盤の辛さ(笑)。あと何より、またまた未収録曲が沢山あるのは、一番残念なところですね。この後完全盤BOXが出られること、心から期待しています。絶対買うので、ソニーさんNHKさんそして菅野さん、お願いいたします!



stkmania at 04:22|PermalinkComments(0)

2016年12月06日

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子のサントラで石原さとみ気分全開


【ストーリー】 
超ポジティブなオシャレ大好き女子、河野悦子(石原さとみ)。夢のファッション編集者を目指して入社するも配属されたのは超地味な校閲部という部署。この部署は出版社に持ち込まれた小説などの原稿の誤字や脱字、矛盾点などを見つけて直すという地味すぎる仕事内容で悦子は絶望気味。後輩はオシャレなファッション誌の記者になってるというのに…しかし悦子は地味な仕事の概念を打ち崩すように真っ向勝負!ちょっと気になることがあれば北海道まで直行、事件の真実を知る為に潜入取材、作家に直接会いに行って小説の内容を変更させる…などなど校閲の仕事を超えて大活躍します。そんな中、悦子が一目ぼれした相手は大学生の折原幸人(菅田将暉)。隠していますが彼は実は有名な作家さん。悦子の恋は成就するのか、そして地味な校閲の仕事をどう楽しく変えてくれるのか。
 

 
【キャスト】
河野 悦子 - 石原さとみ
折原 幸人 - 菅田将暉
森尾 登代子 - 本田翼
貝塚 八郎 - 青木崇高
茸原 渚音 - 岸谷五朗
藤岩 りおん - 江口のりこ
米岡 光男 - 和田正人
尾田 大将 - 田口浩正
今井 セシル - 足立梨花
佐藤 百合 - 曽田茉莉江

【楽曲】 
1.地味にスゴイ!校閲ガール
2.河野悦子です!
3.このタコ!
4.コーエツとは
5.ステップアップ!
6.校閲地味ーズ
7.えでたーずばっぐ
8.未来への扉
9.本当の自分
10.今日もお仕事
11.トラブルサンバ!
12.ごめんなさい
13.超絶イケメン!?
14.地味にスゴイ!校閲ガール -Active-
15.大根とタマゴダブル
16.黙れタコ!
17.大反省
18.憧れ
19.本当の自分 -Piano-
20.切ない気持ち
21.なにしてんだろ
22.オトナクランチ
23.切ない気持ち -Piano & Quartet-
24.絶対諦めたくない 
 
【口コミ】 
・校閲ガールのサントラを聴きながら仕事するっちゅう。どんだけ好きなんだw

・校閲ガールのサントラめっちゃ良い〜

・サントラ聴くだけで楽しくなりますね。校閲ガールは良い。

・校閲ガールのサントラがからくりピエロにしか聴こえなくて毎回ワッてなる!

・校閲ガールのサントラ、途中まですごいローリンガールや。

・校閲ガールのサントラでスネアがテッテケッテッテケテッテッテってやってるやつ好きやな〜。

・校閲ガールのサントラでやっぱりからくりピエロと同じメロディの部分が気になる。



stkmania at 03:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月08日

ディズニー最高傑作!ズートピアのサントラ情報・口コミをチェック


【ストーリー】 
ハイテクな文明を誇るズートピアには、さまざまな動物が共存している。そんな平和な楽園で、ウサギの新米警官ジュディは夢を信じる一方、キツネの詐欺師ニックは夢を忘れてしまっていた。そんな彼らが、共にズートピアに隠された事件を追うことになり……。
 

 
【キャスト】
ジュディ・ホップス - ジ二ファー・グッドウィン、デラ・サバ(幼少期) / 日本語 - 上戸彩、稲葉菜月(幼少期)
ニック・ワイルド - ジェイソン・ベイトマン、キャス・スーシー(幼少期) / 日本語 - 森川智之、長谷川斗輝(幼少期)
ボゴ署長 - イドリス・エルバ / 日本語 - 三宅健太
ベンジャミン・クロウハウザー - ネイト・トレンス / 日本語 - 高橋茂雄(サバンナ)
マクホーン - マーク・"ライノ"・スミス
レオドア・ライオンハート市長 - J・K・シモンズ / 日本語 - 玄田哲章
ドーン・ベルウェザー副市長 - ジェニー・スレイト / 日本語 - 竹内順子
ズートピア警察学校の教官 - トリシア・カンニングハム / 日本語 - 田村聖子
スチュー・ホップス - ドン・レイク / 日本語 - 大川透
ボニー・ホップス - ボニー・ハント / 日本語 - 佐々木優子
ギデオン・グレイ - フィル・ジョンストン / 日本語 - 武田幸史
フラッシュ - レイモンド・S・パーシ / 日本語 - 村治学
ヤックス - トミー・チョン / 日本語 - 丸山壮史
デューク・ウィーゼルトン - アラン・テュディック / 日本語 - 多田野曜平
ガゼル - シャキーラ / 日本語 - Dream Ami
アングリームース - メリッサ・グッドウィン / 日本語 - 厚切りジェイソン

【楽曲】 
1. トライ・エヴリシング (日本盤ボーナス・トラック)
2. トライ・エヴリシング
3. ステージ・フライト
4. グレイズ・アーマッド・アット・ミー
5. チケット・トゥ・ライト
6. フォクシー・フェイクアウト
7. ジャンボ・ポップ・ハッスル
8. ウォーク・アンド・スターク
9. ノット・ア・リアル・コップ
10. ホップス・ゴーズ(アフター)ザ・ウィーズル
11. ザ・ナチュラリスト
12. ワーク・スローリー・アンド・キャリー・ア・ビッグ・シュティック
13. ミスター・ビッグ
14. ケース・オブ・ザ・マンチャス
15. ザ・ニック・オブ・タイム
16. ワールズ・ワースト・アニマル・シェルター
17. サム・オブ・マイ・ベスト・フレンズ・アー・プレデターズ
18. ア・バニー・キャン・ゴー・サベージ
19. ウィーゼル・シェイクダウン
20. ラミフィケーションズ
21. ユウ・フェール・フォー・イット
22. スリー・トゥ・バンディット
23. スイート・フロム・ズートピア
24. トライ・エヴリシング (ズーラシアン・フィルハーモニー・バージョン) (日本盤ボーナス・トラック)
25. トライ・エヴリシング (日本盤ボーナス・トラック)
 
【口コミ】 
・只今ズートピアのサントラを聴いているのですが…寝る間も惜しいくらいずっと聴いていたいです!
 
・ズートピア絶対もう一回観るわ…アンクルのサントラを一通り聴かせてもらったのですが、全てかっこいい。1回しか観てないのに場面が頭に流れる。ガイリチしゅごい。洋画は全く観ないのですがこの友人のおかげで興味がわいてきています。

・ズートピアのサントライイぞ〜マイケルジアッチーノイイぞ〜

・ズートピアのサントラ良さしかない

・ズートピアのサントラを衝動買いしちゃったけど、満足感すごいやい〜ん

・ズートピアサントラにズーラシアン管弦楽団版入ってるの最高かな!?

・ズートピアのサントラかっこよ

・『ズートピア』サントラには「Try Everything」ロング版が収録されてなくて残念。

・早速ズートピアのサントラをループしてる。どのスコアも良いんだよなー。 

・ズートピア、サントラ良いなと思ったらマイケル・ジアッチーノやんけ!!!!!

・ズートピアのサントラ、itunesからダウンロードした。トライ エヴリシング(英語の方)とてもいいな。特に歌詞。

・ズートピアサントラでおっ聞いたことあるやつと思ったらクロッシーロードのズートピアステージのBGMだった…こんな可愛くアレンジされてたん…

・私こう見えてディズニー映画のサントラ買ったの多分初めてだわ...記念すべき1枚目がズートピアで良かった




stkmania at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月28日

はじまりのうた サントラ情報・口コミ



【ストーリー】 
ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ(キーラ・ナイトレイ)。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダン(マーク・ラファロ)にアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。
 

 
【キャスト】
グレタ - キーラ・ナイトレイ
ダン - マーク・ラファロ
バイオレット - ヘイリー・スタインフェルド
デイヴ - アダム・レヴィーン
スティーヴ - ジェームズ・コーデン
サウル - ヤシーン・ベイ
トラブルガム - シーロー・グリーン
ミリアム - キャサリン・キーナー

【楽曲】 
1. ロスト・スターズ
2. テル・ミー・イフ・ユー・ワナ・ゴー・ホーム
3. ノー・ワン・エルス・ライク・ユー
4. ホーニー
5. ロスト・スターズ
6. ア・ハイヤー・プレイス
7. ライク・ア・フール
8. ディド・イット・エヴァー・クロス・ユア・マインド (デモVersion)
9. ウィメン・オブ・ザ・ワールド(ゴー・オン・ストライク!)
10. カミング・アップ・ローゼズ
11. イントゥ・ザ・トランス
12. ア・ステップ・ユー・キャント・テイク・バック
13. ロスト・スターズ (イントゥ・ザ・ナイトMix) (BONUS TRACKS)
14. ザ・ルーフ・イズ・ブローク (デモMix) (BONUS TRACKS)
15. テル・ミー・イフ・ユー・ワナ・ゴー・ホーム (ルーフトップMix) (BONUS TRACKS)
16. インティミデイテッド・バイ・ユー (BONUS TRACKS)
 
【口コミ】 
・ボーナストラックを含めた16曲、捨て曲皆無の名盤である。白眉は何を置いても、異なる3つのver.で収録された『LOST STARS』だと思う。アダム・レヴィーンとキーラ・ナイトレイ、趣の異なる2つの歌唱の中でも、取り分けCメロに当たる部分(I thought I saw you out there crying――)は素晴らしい。ハイトーンで一気に歌い上げる前者と、トーンを落として淡々と、言葉を噛み締めるように歌う後者。この2曲を聴き比べているだけでも愉しく、買う値打ちは充分にあると言える。とはいえ作業中のBGMとしてや、カーステレオで何の気なしに流しておくのにも最適なので、気になったら買うべきだと思う。絶対に損はない。

・とっても心地よい曲ばかりで、毎日家で流しています。リラックスできるサントラです。おすすめ。 

・一度、ラジオで聞いて、必死で探した曲だったからよかった。今も毎日聞いてます。

・映画の出来も雰囲気も良く、これは絶対にサントラ盤がほしいと思い購入しました、買って良かったです。どの曲も映画のシーンが思い浮かべていい曲ばかりです。キーラ・ナイトレイの魅力に取りつかれました。

・映画のシーンを思い出しながら毎日聴いています。キーラ・ナイトレイのイノセントな歌声がとても好き。

・映画を見てすぐに周りに薦め、周りが周りに薦め・・と連鎖していった作品です。音楽が好き、音楽を演っている、音楽をはじめたい。そのような人ならきっと好きになる。そのように強く思わされる作品でした。個人的にはアダムの歌もですが、キーラの曲群が何とも言えず好きで、自分でギターで練習してみています。詩もメロディーもキャッチーで味があって、どこか懐かしくキラキラしています。何か“きっかけ”をくれる映画。とにかく映画をみたならきっと欲しくなる1枚でしょう。そしてニューヨークへ行きたい!

・映画を観て購入。作業時にも。運転中にも。良いBGMに出会いました。

・映画で聴いた音楽が忘れられず、また聴きたいと思い購入しました。やはり、買ってよかったです!!映画のCDとは思えません。アーティストのアルバムを買った気分です。音楽がおしゃれで素敵です。

・『はじまりのうた』映画館で観た時、長年付き合ったパートナーと破局した直後で、キーラとアダムの別れ方のシチュエーションが自分自身と重なって観ながらフラッシュバックして「映画」として楽しむには切なくて痛かった。でも、このサントラCDに当時どれだけ癒されて救われたことか。

・「はじまりのうた」サントラ視聴終了。多くの方々が言っていた通り、観終わった瞬間にサントラが欲しくなった。CDだとAdam Levineの「Lost Stars」から始まっている構成も良かった。

・映画『はじまりのうた』鑑賞。この映画すごくいいですよ!劇中に音楽が溢れていて、その曲が全ていい‼BGMじゃなくて、全曲ちゃんと音楽を聴くように聴いてしまいます。サントラ欲しくなりました!

・はじまりのうた(begin again)のサントラ買ったんだけど、記憶してたよりもポップな曲多かった。しかしキーラナイトレイの歌声が入っててソーグッド。

・映画「はじまりのうた」は、ストーリーも映像もキャストもよかったけど、何より劇中歌が素敵。キーラナイトレイの歌声が本当に優しくて心地いいので、サントラだけ聴いても十分楽しめると思う。あとマルーンファイブのボーカルも申し分のない歌唱力で何曲か披露してます。

・「はじまりのうた」のサントラがすげえいい。少しやさしいきもちになれるなぁ。キーラナイトレイの声好き。

・「はじまりのうた」のサントラ本当に最高だな。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」サントラと並ぶ

・映画「はじまりのうた」久しぶりに面白かった映画!!素敵なサントラ♬ いい曲ばっかりだったなぁ。




stkmania at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月10日

「真田丸」のサントラで戦国時代に思いをはせよう



【サントラCD・ドラマ情報】

三谷幸喜×「HERO」「半沢直樹」の服部隆之のコンビによるNHK大河ドラマ「真田丸」は、サントラも素晴らしい!圧倒的な印象を残すヴァイオリンソロを全編にフューチャーしたテーマ曲はいちばん人気のヴァイオリニスト三浦文彰が下野竜也指揮NHK交響楽団と熱演!そして、番組の最後を飾る紀行のテーマには辻井伸行も登場!



【ストーリー】
 
天正十年(1582年)、「真田丸」という一艘の小舟が乱世という大海原に漕ぎ出した。その小舟には後に「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と呼ばれることになる男・真田信繁も乗っていた。この時、信繁はまだ15歳の若者であった。
かつて天下にその名を轟かせていた戦国大名・武田家は滅亡の危機に瀕していた。信繁の父・真田昌幸は武田への忠義に篤い男であったが、西から迫り来る織田・徳川の大軍の前には為す術なく滅びる事も理解していた。それでもなお武田を生き残らせる道を模索した昌幸の策を武田勝頼は拒み、武田家は滅びた。
東の北条、南の徳川、北の上杉に囲まれた信濃と甲州で真田が生き残るための道を求め、真田丸は暗闇の中の航海を続ける。
 
【キャスト】
真田信繁 - 堺雅人
真田信幸 - 大泉洋
きり - 長澤まさみ
真田昌幸 - 草刈正雄
薫 - 高畑淳子
真田信尹 - 栗原秀雄
梅 - 黒木華
松 - 木村佳乃
とり - 草笛光子
佐助 - 藤井隆
矢沢頼幸 - 迫田孝也
稲 - 吉田羊
武田信玄 - 林邦史朗
武田勝頼 - 平岳大
出浦昌相 - 寺島進
小山田信茂 - 温水洋一
織田信長 - 吉田鋼太郎
徳川家康 - 内野聖陽
阿茶局 - 斉藤由貴
北条氏政 - 高嶋政伸
豊臣秀吉 - 小日向文世

【楽曲】 
1. 真田丸 メインテーマ
2. 作戦決行
3. 出港! 真田丸
4. 後に日本一の兵と呼ばれる男
5. 四面楚歌
6. 忍
7. ふたりでひとつ
8. 行軍
9. 作戦成功
10. 落城
11. 栄華盛衰
12. 陽はまた昇る
13. 岐路
14. あこがれ
15. 小国がゆえ
16. 偉大な背中 
17. 絆
18. 時代を作った男たち
19. 祈り
20. 家康という男
21. 戦国狂想曲
22. 激戦
23. 静心なく
24. 軍略
25. 動乱
26. 謀反
27. 首桶
28. 六文銭
29. 真田の郷
30. 真田丸紀行

【口コミ】 
・過去の大河ドラマでは無かった、ヴァイオリン・ソロを含むヴァイオリン主体のメインテーマ曲は、誰の目から見ても“新たな挑戦”に映る筈で、この斬新な音楽を創り上げた服部隆之さんからは、「小」なる者が「大」なる者に挑み続けた、真田家が持つ“六文銭”の誇りを彷彿とさせる想いが感じられました。

・私はこの「真田丸」関係の曲は「大成功、大河らしくて聴きごたえがある」と評価します。オープニングだけが全てではありませんが、やはりつかみはオープニングでしょう。 

・10年ぶりくらいに大河のサントラ買って聞いているのだけどめっちゃ良い…。

・メインテーマのヴァイオリンソロを演奏してる三浦さんは作曲家の服部さんに「弾き終わったら切腹する勢いで」と言われたそうだけど、本当にその迫力でてる…

・我が家は真田丸サウンドトラックづけです。車の中スマホの中至ところに配置。メインテーマ聴きグッとくる毎日。 

NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部隆之



stkmania at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)