「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」はサントラだけでも泣けるさらば あぶない刑事 サントラ情報・口コミ

2016年03月10日

「真田丸」のサントラで戦国時代に思いをはせよう



【サントラCD・ドラマ情報】

三谷幸喜×「HERO」「半沢直樹」の服部隆之のコンビによるNHK大河ドラマ「真田丸」は、サントラも素晴らしい!圧倒的な印象を残すヴァイオリンソロを全編にフューチャーしたテーマ曲はいちばん人気のヴァイオリニスト三浦文彰が下野竜也指揮NHK交響楽団と熱演!そして、番組の最後を飾る紀行のテーマには辻井伸行も登場!



【ストーリー】
 
天正十年(1582年)、「真田丸」という一艘の小舟が乱世という大海原に漕ぎ出した。その小舟には後に「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と呼ばれることになる男・真田信繁も乗っていた。この時、信繁はまだ15歳の若者であった。
かつて天下にその名を轟かせていた戦国大名・武田家は滅亡の危機に瀕していた。信繁の父・真田昌幸は武田への忠義に篤い男であったが、西から迫り来る織田・徳川の大軍の前には為す術なく滅びる事も理解していた。それでもなお武田を生き残らせる道を模索した昌幸の策を武田勝頼は拒み、武田家は滅びた。
東の北条、南の徳川、北の上杉に囲まれた信濃と甲州で真田が生き残るための道を求め、真田丸は暗闇の中の航海を続ける。
 
【キャスト】
真田信繁 - 堺雅人
真田信幸 - 大泉洋
きり - 長澤まさみ
真田昌幸 - 草刈正雄
薫 - 高畑淳子
真田信尹 - 栗原秀雄
梅 - 黒木華
松 - 木村佳乃
とり - 草笛光子
佐助 - 藤井隆
矢沢頼幸 - 迫田孝也
稲 - 吉田羊
武田信玄 - 林邦史朗
武田勝頼 - 平岳大
出浦昌相 - 寺島進
小山田信茂 - 温水洋一
織田信長 - 吉田鋼太郎
徳川家康 - 内野聖陽
阿茶局 - 斉藤由貴
北条氏政 - 高嶋政伸
豊臣秀吉 - 小日向文世

【楽曲】 
1. 真田丸 メインテーマ
2. 作戦決行
3. 出港! 真田丸
4. 後に日本一の兵と呼ばれる男
5. 四面楚歌
6. 忍
7. ふたりでひとつ
8. 行軍
9. 作戦成功
10. 落城
11. 栄華盛衰
12. 陽はまた昇る
13. 岐路
14. あこがれ
15. 小国がゆえ
16. 偉大な背中 
17. 絆
18. 時代を作った男たち
19. 祈り
20. 家康という男
21. 戦国狂想曲
22. 激戦
23. 静心なく
24. 軍略
25. 動乱
26. 謀反
27. 首桶
28. 六文銭
29. 真田の郷
30. 真田丸紀行

【口コミ】 
・過去の大河ドラマでは無かった、ヴァイオリン・ソロを含むヴァイオリン主体のメインテーマ曲は、誰の目から見ても“新たな挑戦”に映る筈で、この斬新な音楽を創り上げた服部隆之さんからは、「小」なる者が「大」なる者に挑み続けた、真田家が持つ“六文銭”の誇りを彷彿とさせる想いが感じられました。

・私はこの「真田丸」関係の曲は「大成功、大河らしくて聴きごたえがある」と評価します。オープニングだけが全てではありませんが、やはりつかみはオープニングでしょう。 

・10年ぶりくらいに大河のサントラ買って聞いているのだけどめっちゃ良い…。

・メインテーマのヴァイオリンソロを演奏してる三浦さんは作曲家の服部さんに「弾き終わったら切腹する勢いで」と言われたそうだけど、本当にその迫力でてる…

・我が家は真田丸サウンドトラックづけです。車の中スマホの中至ところに配置。メインテーマ聴きグッとくる毎日。 

NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部隆之



stkmania at 01:32│Comments(0)TrackBack(0) ドラマ | 2016

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」はサントラだけでも泣けるさらば あぶない刑事 サントラ情報・口コミ