冬のサクラ【ドラマ音楽】めがね【映画音楽】

2011年07月05日

冷静と情熱のあいだ【映画音楽】




【サウンドトラックCD

オリジナルサウンドトラック「冷静と情熱のあいだ」

【主題歌CD
ワイルド・チャイルド/エンヤ


【サントラCD・映画情報】
2001年秋、最大のヒットとなった竹之内豊、ケリー・チャン主演の映画のサウンドトラック。映画のストーリー中でも、印象的な使い方をされていたチェロを大幅にフューチャー。

【ストーリー】
大学を卒業後、絵画の修復士を志しイタリアのフィレンツェの工房で学んでいた阿形順正(あがたじゅんせい)は、同じフィレンツェに住む芽実(めみ)という日本人の彼女にも慕われ、周りの人々から見たら一見順調な人生を歩んでいるようにみえた。しかし、彼の心の中には常に空虚感があった。香港からの留学生で、日本での学生時代をともに過ごし、深く愛し合いお互いを分かり合えた女性、あおいをいまだ忘れられなかった。あるとき順正は、フィレンツェを訪れた友人の崇(たかし)から、あおいが同じイタリアのミラノにいることを知る。崇から得た情報をたよりにミラノを訪れてみると、あおいはアメリカ人ビジネスマンと生活を共にしていた。全く異なる人生をお互いが歩んでいることを知った順正は、日本に逃げ帰る。順正の頭の中には、学生時代にあおいが言った「わたしの30歳の誕生日に、フィレンツェのドゥオーモのクーポラで会ってね。約束してね。」という言葉が常にあった。しかし、10年も前の約束をあおいが覚えているとは思えなかった。それにあおいがまだ順正のことを好きでいるはずはないと思っていた。ある時イタリアの恩師が自殺をしたと工房の同窓生から電話が入る。フィレンツェでの葬式に参列した際、旧友の高梨からかけられた言葉をきっかけに、生活の場をまたイタリアにもどすことを決心をする。そして、芽実に別れを告げる。また以前と変わらない、イタリアでの時間が流れていき、その日はついにやってきた。順正はゆっくりとドゥオーモの階段を、クーポラ(聖堂の丸屋根)をめざして上っていく。やはり、あおいはそこにはいない。ドゥオーモの閉館時間も刻一刻と迫っていた。

【キャスト】
阿形順正 - 竹野内豊
あおい - ケリー・チャン
マーヴ - マイケル・ウォン
崇 - ユースケ・サンタマリア
芽実 - 篠原涼子
高梨 - 椎名桔平
清治 - 松村達雄
清雅 - 大和田伸也
麻美 - 広田レオナ




【サウンドトラックCD
オリジナルサウンドトラック「冷静と情熱のあいだ」 Amazon

1. The Whole Nine Yards(Openinf Title)
2. 冷静と情熱のあいだ
3. What a coincidence
4. Take Five
5. 1997春
6. Have a ball
7. In Those Days
8. Forget-me-not
9. History
10. For Sure
11. Tearful Face
12. History(Another side)
13. Do Over Again
14. Keep Your Fingers Crossed
15. The Whole Nine Yards
16. KIIEN
17. End Title

【関連おすすめCD・DVD・本




stkmania at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) 映画 | 2001

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
冬のサクラ【ドラマ音楽】めがね【映画音楽】