2016年03月28日

はじまりのうた サントラ情報・口コミ



【ストーリー】 
ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ(キーラ・ナイトレイ)。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダン(マーク・ラファロ)にアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。
 

 
【キャスト】
グレタ - キーラ・ナイトレイ
ダン - マーク・ラファロ
バイオレット - ヘイリー・スタインフェルド
デイヴ - アダム・レヴィーン
スティーヴ - ジェームズ・コーデン
サウル - ヤシーン・ベイ
トラブルガム - シーロー・グリーン
ミリアム - キャサリン・キーナー

【楽曲】 
1. ロスト・スターズ
2. テル・ミー・イフ・ユー・ワナ・ゴー・ホーム
3. ノー・ワン・エルス・ライク・ユー
4. ホーニー
5. ロスト・スターズ
6. ア・ハイヤー・プレイス
7. ライク・ア・フール
8. ディド・イット・エヴァー・クロス・ユア・マインド (デモVersion)
9. ウィメン・オブ・ザ・ワールド(ゴー・オン・ストライク!)
10. カミング・アップ・ローゼズ
11. イントゥ・ザ・トランス
12. ア・ステップ・ユー・キャント・テイク・バック
13. ロスト・スターズ (イントゥ・ザ・ナイトMix) (BONUS TRACKS)
14. ザ・ルーフ・イズ・ブローク (デモMix) (BONUS TRACKS)
15. テル・ミー・イフ・ユー・ワナ・ゴー・ホーム (ルーフトップMix) (BONUS TRACKS)
16. インティミデイテッド・バイ・ユー (BONUS TRACKS)
 
【口コミ】 
・ボーナストラックを含めた16曲、捨て曲皆無の名盤である。白眉は何を置いても、異なる3つのver.で収録された『LOST STARS』だと思う。アダム・レヴィーンとキーラ・ナイトレイ、趣の異なる2つの歌唱の中でも、取り分けCメロに当たる部分(I thought I saw you out there crying――)は素晴らしい。ハイトーンで一気に歌い上げる前者と、トーンを落として淡々と、言葉を噛み締めるように歌う後者。この2曲を聴き比べているだけでも愉しく、買う値打ちは充分にあると言える。とはいえ作業中のBGMとしてや、カーステレオで何の気なしに流しておくのにも最適なので、気になったら買うべきだと思う。絶対に損はない。

・とっても心地よい曲ばかりで、毎日家で流しています。リラックスできるサントラです。おすすめ。 

・一度、ラジオで聞いて、必死で探した曲だったからよかった。今も毎日聞いてます。

・映画の出来も雰囲気も良く、これは絶対にサントラ盤がほしいと思い購入しました、買って良かったです。どの曲も映画のシーンが思い浮かべていい曲ばかりです。キーラ・ナイトレイの魅力に取りつかれました。

・映画のシーンを思い出しながら毎日聴いています。キーラ・ナイトレイのイノセントな歌声がとても好き。

・映画を見てすぐに周りに薦め、周りが周りに薦め・・と連鎖していった作品です。音楽が好き、音楽を演っている、音楽をはじめたい。そのような人ならきっと好きになる。そのように強く思わされる作品でした。個人的にはアダムの歌もですが、キーラの曲群が何とも言えず好きで、自分でギターで練習してみています。詩もメロディーもキャッチーで味があって、どこか懐かしくキラキラしています。何か“きっかけ”をくれる映画。とにかく映画をみたならきっと欲しくなる1枚でしょう。そしてニューヨークへ行きたい!

・映画を観て購入。作業時にも。運転中にも。良いBGMに出会いました。

・映画で聴いた音楽が忘れられず、また聴きたいと思い購入しました。やはり、買ってよかったです!!映画のCDとは思えません。アーティストのアルバムを買った気分です。音楽がおしゃれで素敵です。

・『はじまりのうた』映画館で観た時、長年付き合ったパートナーと破局した直後で、キーラとアダムの別れ方のシチュエーションが自分自身と重なって観ながらフラッシュバックして「映画」として楽しむには切なくて痛かった。でも、このサントラCDに当時どれだけ癒されて救われたことか。

・「はじまりのうた」サントラ視聴終了。多くの方々が言っていた通り、観終わった瞬間にサントラが欲しくなった。CDだとAdam Levineの「Lost Stars」から始まっている構成も良かった。

・映画『はじまりのうた』鑑賞。この映画すごくいいですよ!劇中に音楽が溢れていて、その曲が全ていい‼BGMじゃなくて、全曲ちゃんと音楽を聴くように聴いてしまいます。サントラ欲しくなりました!

・はじまりのうた(begin again)のサントラ買ったんだけど、記憶してたよりもポップな曲多かった。しかしキーラナイトレイの歌声が入っててソーグッド。

・映画「はじまりのうた」は、ストーリーも映像もキャストもよかったけど、何より劇中歌が素敵。キーラナイトレイの歌声が本当に優しくて心地いいので、サントラだけ聴いても十分楽しめると思う。あとマルーンファイブのボーカルも申し分のない歌唱力で何曲か披露してます。

・「はじまりのうた」のサントラがすげえいい。少しやさしいきもちになれるなぁ。キーラナイトレイの声好き。

・「はじまりのうた」のサントラ本当に最高だな。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」サントラと並ぶ

・映画「はじまりのうた」久しぶりに面白かった映画!!素敵なサントラ♬ いい曲ばっかりだったなぁ。




stkmania at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 2013

2016年03月24日

下町ロケット サントラ情報・口コミ



【ストーリー】 
元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。年頃の娘・利菜(土屋太鳳)との仲は多少ギスギスしているものの、経営は順調で次第に業績を上げていく佃製作所。しかし、あきらめきれない自分の夢であるロケットエンジンの開発に力を入れすぎ、少しずつ業績は下降気味に。ある日、大手取引先である京浜マシナリーから突然取引中止を宣告されてしまう。大口の取引先を失い資金繰りに窮した佃は運転資金を確保するため、経理部長の殿村(立川談春)とメインバンクである白水銀行へと向かうが、銀行からは実用の目処が立たない水素エンジンを継続して開発していくのであれば、新たに融資をするのは難しいと言われてしまう。メインバンクからの貸し渋りを受け、途方に暮れる佃たちであったが、そこに新たな問題が。なんとライバル企業のナカシマ工業から特許侵害で訴えられてしまったのだ。清廉潔白の佃製作所ではあるが、 大手企業から訴えられるという事実により評判は地に堕ち、銀行からの融資も絶望的な状態に。佃製作所の技術が狙いであるナカシマ工業は姑息な法廷戦略で裁判を長引かせ、じわじわと体力を奪っていく。 そんな中、日本を代表する大企業・帝国重工は純国産のロケット計画にまい進していたが、自社で開発したバルブシステムが、佃製作所が所持している製品特許に触れるものだと判明。何としても、バルブシステムの問題を解決しなければならない宇宙航空部の財前部長(吉川晃司)が取った行動とは…?
 

 
【キャスト】
佃 航平 - 阿部寛
佃 利菜 - 土屋太鳳
財前 道生 - 吉川晃司
殿村 直弘 - 立川談春
山崎 光彦 - 安田顕
津野 薫 - 中本賢
唐木田 篤 - 谷田歩
江原 春樹 - 和田聰宏
迫田 滋 - 今野浩喜
埜村 耕助 - 阿部進之介
立花 洋介 - 竹内涼真
川本 浩司 - 佐野岳
鈴木 健児 - 堀井新太
加納 アキ - 朝倉あき
仁科 美咲 - ぼくもとさきこ
神谷 修一 - 恵俊彰
富山 敬治 - 新井浩文
水原 重治 - 木下ほうか
石坂 宗典 - 石井一孝
安東 仁 - 國本鍾建
溝口 - 六角慎司
田村 - 戸次重幸
近田 - 近藤公園
浅木 捷平 - 中村倫也
藤間 秀樹 - 杉良太郎
三田 公康 - 橋本さとし
中川 京一 - 池畑慎之介
柳井 哲二 - 春風亭昇太
根木 節生 - 東国原英夫
佃 和枝 - 倍賞美津子
和泉 沙耶 - 真矢ミキ
一村 隼人 - 今田耕司
真野 賢作 - 山崎育三郎
桜田 章 - 石倉三郎
貴船 恒広 - 世良公則
椎名 直之 - 小泉孝太郎
横田 信生 - バカリズム

【楽曲】 
01.下町ロケット ~Main Theme
02.下町ロケット ~Onward
03.下町ロケット ~Dream
04.真っ向勝負
05.起死回生
06.夢にむかって
07.挫折の記憶
08.下町ロケット ~Tenderness
09.兵糧攻め
10.下町ロケット ~Revenge
11.下町ロケット ~Eternal
12.倫理と法律
13.曲事
14.親子の絆
15.策謀の陰
16.下町ロケット ~Rising
17.それぞれの陰謀
18.悪巧
19.下町ロケット ~Conflict
20.下町ロケット ~Fate
21.逃走迷路
22.仲間と紡ぐ想い
23.下町ロケット ~Belief~ 
 
【口コミ】 
・特に最初のメインテーマは何度聴いても興奮し、ドラマを観ていた頃の高揚感を思い出します。落ち込んだ時に聴くと効果抜群、元気になれます。

・テレビドラマを見て欲しいと思い購入しました。何事にも山あり谷あり。困難な状況でもこの曲を聴くとドラマのことを思い出されて力が湧いてきます。 

・メインテーマは半沢直樹でもお馴染み、服部隆之作曲。映像も同じスタッフ制作。数々のシーンが思い出される楽曲構成になっています。CD容量サイズ上、全曲が収録されていないのが、やや残念ですが、良い楽曲がそろっていると思います。

・下町ロケットのサントラを聴くと、阿部寛演じる佃社長が"筋肉は嘘をつかない!"とアツく語っていたのを思い出す

・下町ロケットのサントラほんと好きだわ

・今日の目覚めは「下町ロケット」サントラ。”半沢直樹””ルーズヴェルト・ゲーム”と続く池井戸潤原作ドラマに、巨匠服部隆之が三たび登板。どん底から這い上がるイメージにぴったりのメインテーマが素晴らしい。今回もドラマを盛り上げる貢献度は相当なものだ。

・メインテーマ一曲だけ買えば何となく買ったような充足感が得られるけどサントラ全体にはメインテーマが数パターン収録されてるしフルバージョンは緩急があるから別パターンの方が無駄の無い構成になってるんじゃないかとも思えるんだよな

・下町ロケットのメインテーマがめちゃくちゃかっこよくて震える音楽なのでもうitunesストアで落とそうと思って調べてたらサントラごと買ってたわwメインテーマ以外も、ドラマのシーンがよみがえる珠玉の名曲ばかりなので一曲だけ買うのは逆に勿体なくてね。

・下町ロケットサントラ購入してみたけど鳥肌立ち過ぎ!




stkmania at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドラマ | 2015

2016年03月22日

ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ サントラ情報・口コミ



【ストーリー】 
政府の女性登用の機運に乗って、女性犯罪者および女性犯罪被害者対策を目的に設置された非公式の課・警視庁捜査七課を舞台に、渚をはじめとする外見は美しいが、男性刑事を出し抜く個性的な女刑事たち通称“ヒガンバナ”の面々が事件解決に奔走する。渚は日常生活でも人の心の声が聞こえてしまうため、他人から受ける余計な感情をシャットアウトするためにヘッドフォンを身につけており、他人との交流を避ける一匹狼の超マイペースな性格。ヘッドフォンを外すと、被害者や加害者の事件発生時の強烈な感情とシンクロして気絶してしまう。そこで渚がつぶやく“事件現場に残る声”が各話の事件解決のキーワードとなる。
 

 
【キャスト】
来宮渚-堀北真希
峰岸雪乃-檀れい
長見薫子-知英
柳幸子-YOU
伊藤凛-高梨臨
瀬川すみれ-大地真央
神藤勇蔵-佐野史郎
北条光佑-平山浩行
黒田吾朗-木本武宏(お笑いコンビTKO)
東野和也-市川知宏
河井百合子-高橋恵子
菊池謙人-DAIGO

【楽曲】 
1. ヒガンバナ-MAIN THEME-
2. 捜査七課
3. フラッシュ
4. 事件現場に残る声
5. 吹き溜まり
6. メェ~♪
7. プロファイリング
8. カウントダウン
9. 犯人からの予告
10. 渚の過去
11. シンクロ
12. 負け美女
13. 最高のバディ
14. 心当たり
15. ヒガンバナ -Piano version-
16. 似た者同士
17. ここにいる理由
18. そわそわ
19. 記憶の断片
20. ノイズ
21. 女性の力
22. ヒガンバナ -Piano&Strings version-
 
【口コミ】 
・ヒガンバナのピアノのサントラがとっても好き。

・ヒガンバナ見ててなんか聞いたことあるなーって思ったら音楽菅野さんやん!気づくの遅音楽に気を取られすぎてストーリーが頭に入ってこなくなってしまったし音楽聴くために2回目見てしまった。サントラでたら欲しい 

・ヒガンバナのサントラまじGANTZ...

・サントラ欲しい。この曲本当に好きだ。ピアノ、素晴らしい。

・ヒガンバナのサントラは菅野祐悟さん。「カイジ 人生逆転ゲーム」「ガリレオ」「花咲舞が黙ってない」の作家さんか。確か良い曲だったのは覚えてる。なるほどなるほど。




stkmania at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドラマ | 2016