2016年04月05日

ドラマ版「デスノート」 サントラ情報・口コミ


【ストーリー】 
主人公の夜神月(やがみ ライト)は、居酒屋でアルバイトをしながら公務員を目指している、ごく平凡な大学生。過去に母親を亡くした際に、父親が仕事に追われていたことから、父親に確執を持っており、世の中を斜に見ていた。ある日、親友の鴨田が高校時代の同級生・佐古田に恐喝される現場に遭遇。恐喝をやめさせようとするも、力無く為す術もなかった月は自分の無力さを知り、「力が欲しい」と願う。そんな月の頭上に、夜空からDeath Noteと表紙に書かれた黒いノートが落ちてきた。「名前を書かれた人間は死ぬ」という裏表紙の記述に呆れながれも、つい佐古田の名前を書いてしまう月。そして翌日、佐古田が死亡したという知らせが入り、彼はそれが本当に人間を殺せるノートであったと知る。困惑し殺人の恐怖に怯える月の前にノートの本来の持ち主だった死神・リュークが現れる。だがリュークは月を咎める事もなく、逆に月がこのノートをどう扱うか見届けると言う。月はノートに凶悪な犯罪者たちの名を次々と書き込んで葬りはじめた。やがて人々は名も知らぬ「彼」一人によって凶悪犯が断罪されていると察知。いつしか「彼」は殺し屋(=Killer)の意味から「キラ (KIRA)」と呼ばれるようになった。国家の枠を飛び越え世界中で殺人を犯すキラの捜査・逮捕はICPO(インターポール)に委ねられた。ICPOは正体不明の名探偵・L(エル)にキラ事件の調査を依頼。Lは来日し、警視庁捜査一課に勤務する夜神総一郎(月の父親)と共にキラに挑む。そして傍観する死神リュークと、心中を明かさぬ謎の人物・N(ニア)が、“キラ”と“L”の対決の行方を涼やかに見つめる。
 

 
【キャスト】
夜神月(やがみ ライト) - 窪田正孝
L(エル) - 山崎賢人
N(ニア) - 優希美青
夜神総一郎 - 松重豊
弥海砂(あまね ミサ) - 佐野ひなこ
リューク - 福島潤
レム - 恒松あゆみ
ワタリ - 半海一晃
模木完造 - 佐藤二朗
日村章子 - 関めぐみ
松田桃太 - 前田公輝
相沢周市 - 弓削智久
レイ・ペンバー - 尚玄
小木曽猛 - 野仲イサオ
郷田健二 - 小久保丈二
尾々井剛 - 寿大聡
火口卿介 - 柏原収史

【楽曲】 
01. 「デスノート」グランド・テーマ
02. 哀しみの過去
03. デスノートに書く
04. 胸に迫る思い
05. 舞い降りた死神
06. 突破口
07. 「デスノート」グランド・テーマ~決意~
08. 天使と悪魔
09. 宙に浮くリンゴ
10. 犯行開始
11. 忍びよる闇夜
12. 怒りと動揺
13. 名探偵
14. 赤いノート
15. 頭脳戦
16. 白い領域
17. 革命家
18. 軽やかな日々 19. 「デスノート」グランド・テーマ~葛藤~
20. 父と息子
21. 迷宮の時計
22. もう一人の自分
23. 心の痛み
24. 死神の愛
25. 「デスノート」グランド・テーマ~Extra~
 
【口コミ】 
・このドラマからデスノートを知った自分には感動ものです。曲ごとにドラマのシーンが蘇ってきます。すごく凝ったつくりになっているので、どこかの交響楽団みたいに素晴らしいです。「グランドテーマ~葛藤~」物悲しい感じがいいです。

・ドラマで流れている音楽はほぼ入っています。メインテーマは「01「デスノート」グランド・テーマ」となっていますが、劇中で一番聞いているメインテーマ曲はむしろ07のほうです。(エンドロールでよく流れる)01のメロディーをアレンジした曲が多めで、色々なバージョン違いをこれだけ聞いているとデスノの音楽といったらこれ、このシーンはこれ、と思い出せますね。ドラマのサントラはこれぐらい刷り込みされるほうが好みです。また、「17 革命家」(月とLのテニスシーンの曲)がちゃんと入っていたのが嬉しいです。聞いていると気分が上がるCDなので、ドラマを観ていた方にもそうでない方にもお勧めです。 

・テーマ曲が10分以上だったので、ビックリしました。とても良かったです。

・このCDは約50分しか時間がない中で一曲目は11分と長く収録されています。実はこれ、夜神月に関する曲がメドレーのように編集されて収録されているんです。ですから本編のテーマ曲もこちらに含まれており、いわばドラマ版デスノートにおける夜神月の全てが詰め込まれていると言ってもいいでしょう夜神月の壮大な物語を音楽で、且つメドレー形式で堪能したいという時はこの一曲で十分です。勿論一曲一曲個別に収録されてもいるので、各々ちゃんと聴きたい方も安心です

・電子楽器で作られるサントラが多い中で、本作は生楽器を多用していて、さらにその使い方がとてもユニークで面白いです。バスクラリネットが主役になる劇伴なんて、テレビドラマではほとんど聞きません。しかも、デスノートの雰囲気にぴったりです。服部先生のセンスのよさが発揮されていると思いました。原作の流れを踏襲しつつ、夜神月と総一郎の親子関係に焦点を当てて、視聴者を月=キラに感情移入させるドラマ演出になっているので、サントラもそれを踏まえた構成です。なので、夜神親子側のテーマがセンチメンタルで、Lのテーマはどこか挑発的。こういうわかりやすさも、サントラとしては重要なポイントに鳴ります。ところで、イチゴBERRYの楽曲「ありゃりゃ?」が入ると思っていたんですけど、入りませんでしたね(笑)。タイトルからして遊び心がある曲でおもしろいと思ったので、ちょっと残念でした。

・原作をいじりすぎたせいか、余り好評とは言えないドラマですが音楽はいいです。曲はドラマ、演劇、アニメ、ゲーム音楽などを数多く手がけた服部隆之。お勧めは「デスノート」グランド・テーマ~決意~。

・通勤中デスノートサントラ聴いてたら朝からなんだか泣けてきた




stkmania at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドラマ | 2015

コードネームU.N.C.L.E. サントラ情報・口コミ


【ストーリー】 
東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。
 

 
【キャスト】
ナポレオン・ソロ - ヘンリー・カヴィル
イリヤ・クリヤキン - アーミー・ハマー
ギャビー(ガブリエラ)・テラー - アリシア・ヴィキャンデル
ヴィクトリア・ヴィンチグエラ - エリザベス・デビッキ
サンダース - ジャレッド・ハリス
アレキサンダー・ウェーバリー - ヒュー・グラント
アレキサンダー・ヴィンチグエラ - ルカ・カルヴァーニ
ルディ - シルヴェスター・グロート

【楽曲】 
1. コンペアド・トゥ・ホワット
2. アウト・オブ・ザ・ガレージ
3. ヒズ・ネーム・イズ・ナポレオン・ソロ
4. エスケープ・フロム・イースト・ベルリン
5. ジミ、ヘンダ・シ (MONO)
6. ミッション:ローマ
7. ヴィンチゲラ・アフェア
8. バグス、ビーツ&ボウタイズ
9. クライ・トゥ・ミー
10. ファイヴ・マンス、トゥ・ウィークス、トゥ・デイズ
11. シニョーリ・トイレット・イタリアーノ
12. ブレイキング・イン(サーチング・ザ・ファクトリー)
13. ブレイキング・アウト(ザ・カウボーイ・エスケープス)
14. ガラスの部屋
15. イントゥ・ザ・レアー(ビトレイアルPart I)
16. レースド・ドリンクス(ビトレイアルPart II)
17. 僕の王国 (MONO)
18. サーキュラー・ストーリー
19. ドラムズ・オブ・ウォー
20. テイク・ユー・ダウン
21. ウィ・ハヴ・ロケーション
22. ラスト・ドリンク
23. テイク・ケア・オブ・ビジネス
24. アンフィニッシュド・キス
 
【口コミ】 
・サントラは買わない主義でしたが、映画の良さにつられて買ってしまいました。音楽も最高!楽しいものからクールなのまで幅広いです。洋楽好きには是非!

・音楽も衣装も台詞もオシャレでハイセンス。そんなカッコいい映画の音楽が、それぞれのシーンを彷彿させてくれます。レトロシックでモダンクール、スタイリッシュな雰囲気を楽しみたい方におすすめです♪ 映画もぜひ! 

・お洒落な作風にマッチしたクールサウンズ!オリジナル曲も選曲もスタイリッシュそのもの。ゴールドスミスのオリジナルよりラロ・シフリンへのオマージュのような作風かな。

・今年はスパイ映画が多く公開されとても良い作品ばかりでしたが、私の中では「コードネーム U.N.C.L.E.」ダントツでハマってしまい観た日にサントラも購入してしまいました。他の映画とは違うのはハイテクではないところかなと思います。そのせいなのか…映画にあった古き良きもの?的な素敵な音楽ばかりで。毎日車の中で聞いています。お気に入りは「Escape From East Berlin」「Jimmy, Renda se 」カーシーンを思い出します。映画も最高で音楽も最高です。

・今年はスパイ映画豊作の年と言われていますが、中でもこの映画、コードネームU.N.C.L.E.は特に良かったです。1回目に観に行った時から使われている音楽が、映画の内容と見事にマッチしているなぁと思いながら聴いていました。音楽を聴いているだけでも、頭の中で映像が再生されて映画を観た時のワクワク感が味わえるので、とてもいいサントラだと思います。私は特に「Escape From East Berlin」がお気に入りです。

・ガイ・リッチー監督の作品は音楽に特徴があるので曲だけ聴いてても良いのですが、聴くことで映画のシーンが思い出せて、聴いているとまた観に行きたくなってしまいます!このCDの中では「Take Care Of Business」がお気に入りで、ひときわレトロな前奏が本作にとてもよく合っています!トレイラーで使われていた曲が入っておらず、また曲名もわからないのでそれらも入っていれば良かったと思います。(ぼんぼんちきちき~ではない方の、歌詞の無い曲です)

・かっこいいが、ずーっと続く、長いアルバムですので、一生懸命聴くと、後半疲れて来るかもしれないですが、とにかくかっこいいです。

・コードネームU.N.C.L.E.めちゃくちゃ面白かった・・!やばいこれもう一回は見よう。。最高。イタリアモンド系JAZZみたいなサントラも超かっこいい〜。

・で、帰宅して聴いてるのは拾い物だった映画、コードネーム U.N.C.L.E.のサントラ。でもガイ・リッチー監督では評判の悪いロックン・ローラが一番好きなのだが。サントラ、ロバータ・フラック、トン・ゼー、ニーナ・シモン、でもオリジナル曲もいい。ニンジャチューン関係者なのね。

・『コードネーム U.N.C.L.E.』続けて3回観てすっかりハマったのち、目下サントラ盤が通勤時のヘビロテ中。オリジナルスコアも既存の楽曲も私の好みでツボにハマり、これはたまらない。

・コードネーム U.N.C.L.E のサントラがかっこよすぎてさっきから読書が進まない

・今日目黒シネマでコードネーム U.N.C.L.E.を見てきたんですけどね、作品の内容はもちろんのこと、サウンドトラックが最高だった。語彙力が足りなくてうまく説明できない。

・コードネームU.N.C.L.Eのサントラが想像以上に良いし作業する方向けでもある

・コードネームU.N.C.L.E.のサウンドトラックは作業用BGMとしてかなり優秀だと個人的には思うので機会があれば是非 映画見てない人でも結構いけると思うの

・機内で観たコードネームU・N・C・L・Eが最高過ぎて2回観てしまった。ガイ・リッチーさ全開、サントラのかっこよさ、そして主役俳優2人が美しすぎてクラクラした。ガイ・リッチーが使う俳優て本当いいよねぇ。ロックストック&トゥースモーキングバレルズにやられちゃった時の感じが再び。




stkmania at 02:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 2015

2016年03月30日

掟上今日子の備忘録 サントラ情報・口コミ


【ストーリー】 
探偵業を営む掟上今日子(新垣結衣)は、“忘却探偵”の異名も持っている。寝てしまうと1日ごとに記憶がリセットされてしまうためだ。彼女の体には忘れて はいけない大事なことが常にマジックで記されているが、その体質故に守秘義務は絶対厳守で、どんな事件でも1日で解決する“最速の探偵”としても知られて いた。そんな彼女に、毎回、何かと犯人に間違えられては探偵の世話になる“史上最も運の悪い男” 隠館厄介(岡田将生)が恋をする。今日子と隠館は、周囲で巻き起こる不可思議な事件に次々と巻き込まれながら、忘却のはかなさの中で恋を実らせようと奮闘する。
 

 
【キャスト】
掟上 今日子 - 新垣結衣
隠舘 厄介 - 岡田将生
也川 塗 - 有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
幕間 まくる - 内田理央
絆井 法郎 - 及川光博

【楽曲】 
1. 掟上今日子の備忘録
2. 私は掟上今日子。探偵。記憶が1日でリセットされる。
3. どうしていつもこうなるんだ!
4. 運の悪い男
5. 災い、災難、災厄
6. 調査開始!
7. きみちゅ
8. 疑われやすいポジション
9. 忘却探偵
10. 不運の連続
11. この世に天使はいるのかもしれない
12. 待って!寝ないで!!
13. 木を隠すには森の中
14. 初めまして。
15. 犯人を特定する方法
16. 私は掟上今日子。置手紙探偵事務所所長。
17. 事件発生!!
18. 不可解な点
19. 掟上今日子~事件は今日中に解決いたします~
20. 捜索のポイント
21. 因果
22. 悪い記憶
23. 真相
24. 忘却の彼方
25. 名探偵の、相棒?
26. 今日子と厄介
27. 掟上今日子~生きてさえいれば人間何とかなるものです~ 
 
【口コミ】 
・ドラマを観ていた方は聞いて損なしのサントラです。収録曲はドラマで流れていたものばかりだと思いますが、一点気になったのは7話、須永先生が亡くなった恋人を小説の中で描いているシーンで流れていた曲が(おそらく)入っていないのが残念でした。

・全27曲、1時間8分が収録されています。ジャケットはシンプルに見開き1Pでドラマのメインキャスト、スタッフとサウンドトラックのスタッフなどの名前が羅列してあるだけです。作曲者のプロフィール、顔写真や主な作品は掲載されていますが、その他の記事は一切なしです。ディスクを収める面はシースルーになっていて、「今日子さんには今日しかない。」という文字が書かれた紙が透けて見えます。ケースはお洒落ですが、せめて作曲者や製作者の曲へ対する思い入れや作曲のまつわるエピソードなど何らかの読み物が欲しかったです。本作は笹野芽実さんと末廣健一郎さんの両名による合作ですが、お二人とも映画音楽の影響をとても強く受けているので、本作も映画のサウンドトラックのように壮大にして繊細な楽曲のオンパレードです。メインテーマは笹野さんが書いていますが、1曲目の「掟上今日子の備忘録」は映画のエンドロールに流れるような壮大な組曲(6分22秒)になっており、これだけでも聴く価値はあります。27曲あるので短い曲は約1分位の長さと古き良きサウンドトラックを思わせる曲もあります。個人的には1曲目だけを聴くためにアルバムを購入しても価値はあると思います。 

・最終回を迎えてから購入しました。とても楽しみなドラマでしたサントラを聞くと厄介や今日子の様々なシーンが思い出されます。買って良かったです。

・ドラマを観ていた方は、もちろん、未見の方にもお薦めのサントラです。繊細で美しく切ない旋律、それでいて、壮大でドラマティックで、最初から最後まで聴き入ってしまいます。リビングでBGMとして流すもよし、眠る前のひと時、ベッドの中でドラマの一場面、一場面を思い出しながら聴くもよし。心からお薦めします。

・掟上今日子の備忘録のサントラ好きやわ…>_< 作ってる人の名前は知らなかったけど、結構好きかも。

・「掟上今日子の備忘録オリジナルサウンドトラック」ようやくゲット。映画音楽テイストで壮大。いいですね。ドラマの各シーンを思い出します。




stkmania at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドラマ | 2015